一重孔希展

一重孔希展
「いのちの炎(ほむら)」

一重孔希は、孤高の陶芸家である。
優れた作品を数多く作り出し、世に愛好家もあまたいる。
しかし、孤高を貫いてきたがゆえに、作品の価値に比べ、
美術界において正当な評価を与えられてきたとは言い難い。
この度、一重孔希本人の意向も受け、一重氏の業績を世に問い、
貴重な作品を後世に伝えるべく、氏を敬愛する有志に協力を頂き、
展覧会を開催することになった。

以下は、一重孔希展協力者の皆様です(順不同・敬称略)

一重孔希
佐々木吉晴 大原謙一郎 北村清士 遠藤忠一 
川延安直 小林めぐみ
森孝一 藤森武 神けんぞう 
岡部保博 岡部由紀子 関野洋子 白倉美代子
佐瀬勉 田中将

北方風土倶楽部 佐藤彌右衛門

4月28日(水)~5月16日(日)
9:00-17:00(最終入館16:30)
大和川酒蔵北方風土館昭和蔵
入場無料

※令和3年度福島県地域創生総合支援事業(サポート事業)

コメントは受け付けていません。